【西東京の植物絵手紙(5)…谷戸町、フラワー通り(横山道)沿いの陽だまりにフユサンゴを見つけた!】

西東京の植物絵手紙(5)…谷戸町、フラワー通り(横山道)沿いの陽だまりにフユサンゴを見つけた!】
 西東京市谷戸町1丁目・フラワー通りを歩いていたら、道路脇の植え込みにサンゴのように真っ赤に熟したフユサンゴの実がたくさんなっているのを見つけた。時期的にはちょっと遅い実りですが、陽だまりの中にたくさん実をつけている様子は、みんなで笑顔で語り合っている風にも見えて、笑い声が聞こえてきそうな暖かさを感じました。
 属名の「ソラナム(Solanum)」はラテン語の「solamen(鎮静・安静)」という意で、この属には鎮痛作用を持つ植物がある。和名は、冬に鮮やかな美しい実が鈴なりにつく様子を珊瑚に見立てたことが由来で、「フユサンゴ冬珊瑚)」と呼ばれる。実の色の移り変わりがおもしろく、花を咲かせたあと緑色の実がなり、それが「緑 → 黄 → 橙」の順で色づく、ので別名七変化とも呼ばれている。
色鮮やかでかわいらしく、ミニトマトのようでもあり美味しそうにも見えますが、この実には毒があり、口にすると中毒を起こす。
 ・絵手紙=「幸福は一人では味わえない」(フユサンゴ

絵手紙「幸福は一人では味わえない」(フユサンゴ

 

・写真=西東京市谷戸町1丁目・陽だまりで語り合っているようなフユサンゴの赤い実。2023.1.6撮影

【西東京の植物絵手紙(4)…北原町、2階の屋根まで届くピラカンサスの木に赤い実がビッシリ!】

西東京の植物絵手紙(4)…北原町、2階の屋根まで届くピラカンサスの木に赤い実がビッシリ!】
 西東京市北原町の空家かと思われる家の庭に、 2階の屋根まで届くピラカンサスピラカンサ)の木に赤い実がびっしりと実っていた。こんな大きなピラカンサスを目にしたのは初めてだったので、思わずたくさんシャッターを切ってしまった。しかしこれを絵にするのは難しそうなので、木の実のアップ写真も押さえておいた。が、数日後、再度訪れてみたときは、すっかり根元から切り倒されて綺麗に片付けられていました。あの風景は夢だったのかと思わせるような出来事でした。
 学名のピラカンサは、真っ赤な実をたくさんつけるので ギリシア語 pyr(火の意)と、枝に多く棘(とげ)があることから、 akantha (トゲの意)これを合成して作られたという。英名もfire thorn(火のとげ)と呼ばれ、エネルギッシュなイメージのかっこいい名前を知ったら、なんか元気を授かったかのような気がしてきました。
・絵手紙=「炎のような赤い実が魅力的」(ピラカンサス

・絵手紙=「炎のような赤い実が魅力的」(ピラカンサス
 ・写真=西東京市北原町1丁目・珊瑚のような赤い実を絵でも折れんばかりにたくさんつけたピラカンサス。2023.1.1撮影

・写真=西東京市北原町1丁目・珊瑚のような赤い実を枝も折れんばかりにたくさんつけたピラカンサス。2023.1.1撮影

 

泉町2丁目で見つけた鉢植えのピラカンサス

 

保谷町6丁目の生垣で見つけたピラカンサス

 

ピラカンサスの赤い実は、一見美味しそうに見えるのでちょっと口に含んで味を見てみましたが、ちょっと渋みがあり決して美味しいものではありませんでした。後で調べてみたら「果肉には毒はない。人間が食べても鳥が食べても安全。しかし、種には青酸配糖体を含み、種をかみ砕くと毒が出てきて大量に食べると危険。」とありました。どうりで、食べている人を見かけないはずですね。

 

【絵手紙を習う(49)……「大貫伸樹の絵手紙」第18号完成!】

【絵手紙を習う(49)……「大貫伸樹の絵手紙」第18号完成!】



 (これは、絵手紙は投函してしまうと手元に残らないため、備忘録として制作しており、配布するのを目的としていません。)
 桜餅は、絵手紙同好会(於:西東京市住吉町・ルピナス)で描いたものです。
 散歩をしていると柑橘類が目につき季節ですが、山茶花や椿など冬の花もがんばっていました。今号には掲載していませんが、冬薔薇(ふゆそうび)が、かつての華やかさとは一味ちがった侘び寂びをまとって寂しくなった庭先を飾っていました。
 2022年3月以降に描いて、このシリーズに掲載した絵手紙は288枚になりました。目標は1,000枚です。
 
 
 
どことなく哀愁を帯びている

冬薔薇(ふゆそうび)

保谷町ローズガーデンにて。
 

【西東京の植物絵手紙(3)…泉町・如意輪寺に咲き始めたろうばいの花!】

西東京の植物絵手紙(3)…泉町・如意輪寺に咲き始めたろうばいの花!】
 西東京市泉町2丁目の如意輪寺境内に、 ろうばいの花が咲いていました。4〜5本あるうちの1本だけは5〜6分咲きで蝋のような光沢のある濃い黄色の花が境内に芳香を放っていました。
・絵手紙=「春風に乗って黄色の天使たちがやってきた」」(蝋梅の花
・写真=西東京市泉町2丁目・如意輪寺の境内に咲き始めた蝋梅の花、2023.1.6撮影

絵手紙「春風に乗って黄色の天使たちがやってきた」(蝋梅の花

 

 

西東京市泉町・如意輪寺に咲き始めた蝋梅の花

 

西東京市泉町・如意輪寺に咲き始めた蝋梅の花

 

西東京市泉町・如意輪寺に咲き始めた蝋梅の花

【西東京の植物絵手紙(2)…柳沢で見つけた花梨の果実!】

西東京の植物絵手紙(2)…柳沢で見つけた花梨の果実!】
 西東京市柳沢、青梅街道と石神井川が交差するところに、ボケや花梨の実がたくさん実っているところがあり、思わずたくさんシャッターを切りました。果実といっても花梨もボケもそのまま食べるには適していないせいか、12月になってもたくさん残っていました。

絵手紙「人生に正解などない」(花梨の実)

 

花梨の実2022.10.28撮影

 

写真=西東京市柳沢の道路脇に見つけた花梨の実2022.12.4撮影

 

写真=西東京市柳沢の道路脇に見つけた花梨の実2022.12.4撮影


 

 

 
 
 
 
 

【しん散歩(217)…西東京市「電話ボックスが設置された都市計画道路2.2.4号線」】

【しん散歩(217)…西東京市「電話ボックスが設置された都市計画道路2.2.4号線」】
・写真左=「電話ボックスが設置された都市計画道路2.2.4号線(※東京都道12号調布田無線)」(『たなし市報』昭和63年6月)より転載。
・写真右=白黒写真とほぼ同じと思われる場所を撮影しました。35年ほど前には、電話ボックスの需要がこんなに急に無くなるなんて予想だにできなかったのではないでしょうか。知人が脇の下に抱える移動式電話を自慢げに持ち歩いていた頃ではないかと思いますが、まだ高機能携帯電話(ガラケイ)もなかったと思います。急激なガラケイやスマホの普及で、電話ボックスは、ふだんはあまり使われることもなくなってしまい、災害時の連絡用にじっとその時を待っているかのようでもあります。

35年前に建てられた都道12号線の電話ボックス

 

撮影している時は、昔も今もあまり変わっていないなと思っていましたが、写真をよく見比べてみたら、植え込みの部分がだいぶ変わっているのに気がつきました。手前の植え込みがなくなった分椅子のスペースが広くなっていました。電話ボックスの奥にすぐ横断歩道がありましたが、だいぶ奥の方に移動していました。

【絵手紙を習う(49)……「絵手紙同好会」に行ってきました!】

【絵手紙を習う(49)……「絵手紙同好会」に行ってきました!】
 令和5年最初の「絵手紙同好会」(於:西東京市ルピナス)に行ってきました。
今日のお題は「和菓子」。扇型の絵手紙用紙が配られましたが、ハガキと同じ63円の切手を貼るとそのまま送れるらしい。
 私は、用意された和菓子の中から、後で食べたかったので道明寺(桜餅)を選びました。扇型の絵手紙用紙は、表面の金泥が塗られているので、絵の具の色が沈んでしまい、いい色が出せずちょっと難しかったです。
 普通の絵手紙用紙にも「桜餅」と「椿の花」を描きました。
 ☆絵手紙同好会は、毎月第一木曜日に、西東京市住吉町・ルピナス4階洋間で、午前10時から12時まで開催しています。見学大歓迎、一緒に描きませんか! 年会費=1,800円(年輪クラブ会費で絵手紙同好会に会費はありません)、絵手紙用紙と半紙は毎回配布

「絵手紙同好会だより」第6号

 

桜餅

 

絵手紙「枯野に咲く神宿る紅い花」(椿の花)

 

扇面型はがき「春よこい」(桜餅)